天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 天理大学雅楽部 第47回天理公演を開催
 【雅楽部】

天理大学雅楽部 第47回天理公演を開催

本学雅楽部は、2月24日、天理市民会館やまのべホールで「第47回天理公演」を開催した。
天理公演は、2年ぶりの開催で250人を超える来場者があり、管弦は「鷄應楽(けいおうらく)」や「陪臚(ばいろ)」、謡物(うたもの)は「松根(しょうこん)」、舞楽は「青海波(せいがいは)」や「納曽利(なそり)」などの曲目が演奏された。
部員たちは、天理公演に向けて日々稽古を重ね、また当日は渾身の演奏で観衆を喜ばせ、盛況のうちに終幕した。

雅楽部 渡辺 優 顧問の話

年間30件から40件の依頼演奏をこなす雅楽部ですが、天理公演は、自らが主体となって運営する「自主公演」であるという点で、特別な意味を持ちます。2年ぶりということで、部員たちにはプレッシャーからくる緊張もありましたが、最後は「演奏する者こそ楽しい」という雅楽の喜びを満喫していた様子でした。
温かなご声援を賜りましたこと、心より御礼申し上げます。

関連リンク

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ