天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 中国語専攻の本多久平さんが第11回中国語スピーチコンテストで最優秀賞受賞
 【中国語専攻】

中国語専攻の本多久平さんが第11回中国語スピーチコンテストで最優秀賞受賞

11月20日(日)、第11回中国語スピーチコンテスト(立命館孔子学院主催)が、立命館大学衣笠キャンパスで行われ、中国語専攻4年次生の本多久平さんが大学生を含む一般の部に出場、みごと最優秀賞を獲得した。本多さんには賞金として5万円が贈られ、さらに中国への1年間の奨学金付留学に推薦されることになった。

今回のコンテストは、書類と録音による事前審査を経て、本選には8大学および一般企業から13人が出場、ハイレベルな戦いとなった。
本多さんのスピーチは内容的にも中国語の表現においても最高との評価を得た。
 
本多さんは入学当初から学内コンテストや中国語劇に参加して積極的に中国語を磨いてきた。2年次では漢語会話班の班長を務め、全日本学生中国語弁論大会(京都外国語大学主催)に出場して京都外国語大学校友会上海支部賞を受賞。
3年次には華南師範大学に1年間交換留学をした。
 
今回のコンテストでは、「好きだから好きなんだ」というタイトルで、ラーメンをはじめとする両国文化の交流を通した日中友好を披露した。
「お互いの国や人の魅力、好感を持てる事に目を向けよう。まず自分が動き、言葉と行動で訴え続けることが共感を呼ぶはず」と表情豊かに話した。

 
表彰状を手にする本多さん
表彰状を手にする本多さん

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ