天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 大野将平選手 リオ五輪優勝パレード
 【大学院体育学研究科】

大野将平選手 リオ五輪優勝パレード

8月28日、リオデジャネイロオリンピック柔道男子73キロ級で金メダルを獲得した大野将平選手(旭化成・天理大学大学院体育学研究科在籍)が、「優勝パレード」を行い、大勢の市民から祝福を受けた。
天理駅前でのオープニングセレモニーでは、大野選手に天理大学自治会の学生から花束が贈られ、浪越照雄奈良県副知事、並河健天理市長ら来賓からお祝いの言葉が贈られた。大野選手もそれを受け、「今日はパレードを開催していただき、そして多くの天理市民の皆さまに集まっていただき感謝の気持ちでいっぱいです。今日は天理本通りを歩かせていただき、たくさんの方々と金メダル獲得の喜びを分かち合えたら良いなと思っています」と感謝の言葉を述べた。
 
引き続き、天理本通りを天理教校学園高校マーチングバンド部の先導で、天理教教会本部まで優勝パレードを行った。観衆でいっぱいの沿道から「おめでとう」と活躍を讃える声が掛けられると、大野選手も笑顔で金メダルを見せて、手を振って応えていた。
  
優勝パレードを先導した天理教校学園マーチングバンド
優勝パレードを先導した天理教校学園マーチングバンド
優勝パレードの様子
優勝パレードの様子
天理教教会本部神殿前でのセレモニーでは、穴井隆将天理大学男子柔道部監督のあいさつに続き、大野選手があいさつを行い「今日はたくさんの天理市民の方にお集まりいただき、祝福していただき本当に感激しています。リオの地では自分が目指していた強くて美しい柔道、天理柔道を畳の上で体現することができて良かったと思います。さらに、天理柔道を志す後輩たちの刺激になったのならば本当にうれしく思います。まだ24歳で、2020年東京オリンピックを目指せると思っているので、1回しっかり休んでまた皆さまに感動を与えられるような柔道がとれるように一日一日精一杯励んでいきたいと思っています。天理市を盛り上げていけるように柔道を通じて頑張っていきたいと思います」と今後の決意を語った。
集まった大勢の人たちから大きな拍手やたくさんの祝福の声がかけられ、無事優勝パレードは終了した。
  
天理教教会本部南礼拝場前のセレモニーの様子
天理教教会本部南礼拝場前のセレモニーの様子
お祝いのうちわ
お祝いのうちわ

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ