天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. ソフトテニス部女子 「平成28年度西日本学生大学対抗ソフトテニス選手権大会(西日本インカレ)」で 10年ぶり12回目の優勝
 【ソフトテニス部】

ソフトテニス部女子 「平成28年度西日本学生大学対抗ソフトテニス選手権大会(西日本インカレ)」で 10年ぶり12回目の優勝

平成28年度西日本学生大学対抗ソフトテニス選手権大会(7月8日~12日・三重県鈴鹿市立テニスコートほか)で、ソフトテニス部女子が、団体戦で10年ぶり12回目の優勝を果たした。団体戦は、ダブルス3ゲーム中2ゲームを先取した方が勝利する形式のトーナメントで行われた。
 

最大の山場の準々決勝を持ち前の粘りで逆転勝利

最大の山場は、ファイナルゲームまでもつれた関西外国語大学との準々決勝。ファイナルゲームでは先にマッチポイントを握られるが、そこから持ち前の粘りで逆転勝利を収めた。その後、その勢いのまま準決勝、決勝を伸び伸びと戦い、10年ぶりの優勝を勝ち取った。

同大会男子シングルスで高津健介が準優勝

また、同大会の男子シングルスでは、高津健介(体育2・尽誠学園)が準優勝と健闘した。

選手感想

〇準々決勝のファイナルゲームを振り返っての坂本茉梨乃(前衛・体育3・米子松蔭)の話
マッチポイントを先に取られて大変と思ったが、後衛もしっかりラリーしてくれたし、チーム全員の応援のおかげで気持ちを切らさずに勝ち切れた。

〇村上香穗(体育4・河南)キャプテンの話
春のリーグ戦で悔しい(3位)思いをして、この大会は優勝を狙っていたのでうれしい。全員で掴んだ優勝だ。8月の全国大会も優勝を目指す。

〇高津健介の話
準優勝は悔しいし、何よりも団体戦で勝ちたかった。8月の全国大会で優勝できるよう頑張りたい。
 

関連リンク

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ