天理大学

  1. HOME
  2. 教育・研究
  3. 附属おやさと研究所
  4. 出版物一覧
  5. 伝道参考シリーズ
  6. No.33『「元の理」と生命科学 "The Truth of Origin" and Life Science』
附属おやさと研究所

No.33『「元の理」と生命科学 "The Truth of Origin" and Life Science』

2018年3月発行

目次

伝道参考シリーズ33『「元の理」と生命科学 "The Truth of Origin" and Life Science』

 


.「元初まりの話」は科学の世界

2.細胞の構造と「元初まりの話」、「かんろだいづとめ」と受精卵

3.生命の基本:細胞

 a) 細胞核(くにとこたち、をもたり、いざなぎ、いざなみ:中枢的働き)

 b) リボソーム(たいしょくてん、くにさづち:切る、つなぐ)

 c) ゴルジ体(Golgi body)(をふとのべ:ひきだし)

 d) ミトコンドリア(かしこね:息吹き分け)

 e) 細胞膜(くもよみ:のみくいでいり、排出)

 f) 脳は何処に(「くにとこたち」「をもたり」の描かれた姿)

4.人間の創造-「元の理」(『天理教教典』より)

 a) 人間創造の目的とその概要

 b) ステップⅠ.創造の場の設定:どろうみ中

 c) ステップⅡ.生命の材料、「仕込み」夫婦の雛型の選定:種(精子)、苗代(卵子)の形成

 d) ステップⅢ.「道具と定める」 臓器の創造:発生分化、胚葉の生成

 e) ステップⅣ.プロセス(時間的経過)人間創造の開始:進化、五分五分と成人、出直し、やどしこみ、めざる一匹残る

. 教えられた守護—自己再生機構:遺伝子

. 命の長さ—生命の始めと終わり

. めざる一匹の発見

. 成人への経過

 a) イアトペウス海

 b) 山脈の形成

 c) 初期の樹木

 d) 呼吸器、肺の出現

 e) 手の獲得

 f) 陸上生活の始まり(繁栄→絶滅→暗黒時代→恐竜時代→胎生)

 g) 気嚢組織と恐竜の繁栄

 h) 肋骨、横隔膜の発達

 i) 胎生への変化 めざる一匹その腹に男5人女5人宿る

9.「ものを言い始め」

10. 結語


【参考】「元の理」(『天理教教典』第3章)

 

“The Truth of Origin” and Life Science


このページの先頭へ