天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 『グローカル新書』発行-14.伝道宗教による異文化接触 —天理教コンゴ伝道を通じて—
 【附属おやさと研究所】

『グローカル新書』発行-14.伝道宗教による異文化接触 —天理教コンゴ伝道を通じて—

森 洋明(おやさと研究所准教授) 2013年3月26日発行

14. 伝道宗教による異文化接触 ─天理教コンゴ伝道を通じて─  
 
はじめに
 
第一部:異文化伝道のキーワード
 
第一章:異なる文化との接触
 文化とは?
 異文化接触による文化の変容プロセス
 コンゴブラザビル教会に見る文化的変容例
 異文化相互理解
第二章:ステレオタイプの影響
 「アフリカ」から抱くイメージ
 「日本人」から抱くイメージ
 伝道におけるステレオタイプの影響
第三章:貧富の格差
 国際社会における貧富の格差
 相対的貧困
 「直会信者」
 さまざまな職業
 南北の壁
 グローバル化の壁
第四章:言葉と伝道
 伝道における言葉の必要性
 言葉の役割
 コンゴ言語事情
 現地語の問題
 言葉を通じて意味世界へ
 言葉と心象
 言葉の意味
 翻訳出版物
 教えの伝達
 文字文化と口頭文化
第五章:現地化への課題
 ハッピの役割
 「本物性」
 入信とは?
 
第二部:コンゴ伝道に見る異文化接触
 
第六章:現地人の会長誕生
 ノソンガ・アルフォンス氏
 ノソンガ氏四代会長就任
 コンゴブラザビル出張所の設置
 会長(Chef)の権限
第七章:視点の相違
 ノソンガ会長との話し合い
 コンゴブラザビル出張所長の交代
 「人質」事件
 日本人不在の教会
第八章:政情不安と世代交代
 複数政党制から部族闘争へ
 政治・経済の混乱の中で
 世代交代
 内戦の中で
 戦闘を逃れて
 教会復興に向けて
 
むすび
 
あとがき

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ