天理大学

  1. HOME
  2. 教育・研究
  3. 附属おやさと研究所
  4. 出版物一覧
  5. 伝道参考シリーズ
  6. No.25『天理教教理史断章─地方に所蔵されている教理文書考』
附属おやさと研究所

No.25『天理教教理史断章─地方に所蔵されている教理文書考』

2014年3月発行、著者:安井幹夫

目次

目次

□はじめに
◇ 教理伝播上の問題1/2/3 
◇ 「改正諭告」と『天理教の内幕』                          
□増田忠八文書
◇ 明治十四年巳九月吉日「十二下り宇たぼん」
◇ ◇明治十五年「御寄出」
◇ おふでさきの写本
◇ 明治十三辰年旧十月記「天神七代地神語代」
□輝道文書 
◇ おふでさきの写本 
◇辻兵助筆「御はなし」
    天理教之源由/いんねんさんげの咄し/御本部員んめたに
    しろふべゑ様の御咄シ/御本部青年長春野様ノ御咄シ
◇ 明治廿五年「神道天理教会 高須吉松」
    十全の守護の説き分け 八ツの心得へ違いの道
身の内さんけい道                
  ◇無題、中表題「神様ノ御噺シ」
□大倭文書
  ◇おふでさきの写本
  ◇『教理必携』  病のさとし/別席話
□幡多文書
  ◇明治弐拾五年「天理王命御噺」旧暦五月吉日
  ◇明治廿七年「御神心」正月吉日/「神様の御噺し」
  ◇無題 明治二十八年九月十八日記之 柿谷夘太郞所有
十柱の神の説き分け/心覚えなど            
  ◇「秘書録 全」宮崎氏蔵書
  ◇無題
    「明治二十九年内務省訓令甲第十弐号」及本部通達、決議事項
    別席のお話(宮森・桝井・高井・喜多・山澤)、諸々願書雛形
□別席話考
□二豊文書
  ◇無題 みかぐらうた解釈本
    八社御講義録
 ◇無題 明治三六年旧五月五日謹写  教話
  ◇「諸々理の心得」 
  ◇「布教之心得」明治卅六年四月
□北野文書
  ◇おふでさきの写し
  ◇神の古記
    神代の古語記/神の下りし由来/天神七代之古記
  ◇おさしづの写し
  ◇明治三拾八年四月吉日 神様之御教理 森本芳松
  ◇「八埃」中表紙に「八埃の概説」田中有
  ◇「御はなし 婦人会員 さつ子」
  ◇「ぬきだし神の御はなし」
  ◇「御噺」明治四十三年二月写 
  ◇「懺悔の歌」
□あとがき
このページの先頭へ