天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 幡鎌一弘編 『近世民衆宗教と旅』
 【附属おやさと研究所】

幡鎌一弘編 『近世民衆宗教と旅』

法蔵館、¥5,000+税 2010年3月25日発行

Contents

・はじめに …… 幡鎌一弘
・幡鎌一弘 「旅からみる近世宗教」
・山形隆司 「近世における畿内からの富士参詣とその信仰 — 大和国を中心に」
・荻野裕子 「富士参りの歌 — 伊勢志摩からの富士参詣」
・望月真澄 「江戸庶民の身延山巡拝」
・青柳周一 「一八世紀における地域の「成り立ち」と名所 — 下坂本村と唐崎社について」
・神田秀雄 「化政期における社会的交通の展開と民衆宗教の成立 — 如来教の事例に即して」
・児山真生 「旅する信仰 — 明治期四国地方の金光教を事例に」
・北川  央 「関東における太神楽事情 — 伊勢・江戸・水戸、三つの太神楽の関係」
・あとがき …… 幡鎌一弘

執筆者紹介

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ