天理大学

  1. HOME
  2. 教育・研究
  3. 附属おやさと研究所
  4. Glocal Tenri
  5. グローカル天理2001年発行分(通巻13号-24号)
附属おやさと研究所

グローカル天理2001年発行分(通巻13号-24号)

論文要旨

新執筆者紹介

荒川 善廣(あらかわ よしひろ)

上智大学大学院哲学研究科修了。哲学博士。専門は哲学、神学。現在、天理大学人間学部助教授。日本ホワイトヘッド・プロセス学会理事。著書に『生成と場所』(行路社)、『「元の理」の神学』(善本社)、『過程哲学と神』(近代文藝社)がある。

北詰 洋一(きたづめ よういち)

天理大学アメリカス学会会長。天理大学おやさと研究所研究員。昭和30年、慶應義塾大学文学部英文学科卒業。産業経済新聞社入社、ロンドン特派員、ワシントン支局長、外信部長、編集局次長、論説委員を歴任して、昭和63年から天理大学国際文化学部教授、平成13年3月退任。その間、天理大学アメリカス学会を創設。主な訳書に『黒い肌は知った』(産経新聞)、『黒い性白い性』(サイマル出版会)『フィンランドの知恵』(同)『戦争回避のテクノロジー』(河出書房新社)、編著に『アメリカからアメリカスへ—欧米という発想を超えて』(創元社)。昭和7年、東京生まれ。

末延 岑生(すえのぶ みねお)

1941年神戸に生まれる。関西学院大学大学院文学研究科教育学専攻科修了。文学修士。神戸女学院講師、関西学院高等部英語教諭を経て、現在神戸商科大学教授。国際応用心理言語学会(ISAPL)出納長。日本「アジア英語」学会(JAFAE)理事。文部省英語検定教科書編集委員。中国既南大学大学院、国立インドネシア大学大学院客員教授。英文著書にFrom Error to Intelligibility, Communicability within Errors, Japanese English, その他、国際論文等がある。Marquis『世界人名辞典』に載録。15年にわたるPTA活動。ようぼく・教人として道の教職・講演活動に専念。

宮田 元(みやた げん)

1964年、東京大学大学院人文科学研究科宗教学・宗教史学専攻博士課程満期退学。宗教学、天理教学専攻。現在、天理図書館副館長。著書に『神と人間のつながり—世界をどう見るか』(天理教道友社)。『アメリカからアメリカスへ』(天理大学アメリカス学会編、共著、創元社)など。
このページの先頭へ