天理大学

附属おやさと研究所

『戦争と宗教』(2006)

(2006年8月26日発行) 天理大学おやさと研究所編

Contents

菅 浩二(國學院大學日本文化研究所共同研究員・ハーバード大学エドウィン・O・ライシャワー日本研究所客員研究員)
     「戦時期・占領下の経験と今日の神社神道」

福島栄寿(真宗大谷派教学研究所研究員)
     「「宿業」としての歴史 — 真宗僧暁烏敏の戦時教説をめぐって」

一色 哲(甲子園大学助教授)
     「戦時体制とキリスト教 — 日本基督教団の海外伝道と地方教会動員を中心に」

大林浩治(金光教学研究所所員)
     「戦下の信仰 — 金光教の銃後生活談と教祖探求」」

幡鎌一弘(おやさと研究所研究員)
     「「復元」と「革新」」
このページの先頭へ