天理大学

  1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 文学部
  4. 歴史文化学科歴史学専攻

歴史学専攻

歴史を解き明かす楽しみとロマンがここに。

歴史学専攻とは

 歴史を学ぶためには、研究者が書いた歴史書を読むだけでは足りません。それは、あくまでも現代の誰かの目を通した歴史にすぎないからです。

 歴史の実像に迫るためには、当時の人が書き残した史料を自分で読む必要があります。

 歴史学専攻では、古代から近現代までの史料を自分で読み、自分なりの歴史像を築いていくための教育をしています。

歴史学専攻の特色

1.近世史を中心としたカリキュラム

 現代社会をつくる基礎となった近世の歴史を重視しています。古代から近代まで教育しますが、日本史・東洋史・西洋史とも近世に力を入れています。

2.大和地方を重視した研究・教育

 本学が位置する大和は、日本文化の発祥の地です。その特質を生かして、大和地方を重視した科目を設けています。大和の地で大和の歴史について、深く学ぶことができます。

3.原文書を読む訓練

 日本史を研究するために必須の文書史料を解読できるよう、文書演習に力を入れています。古文書を扱える資料館などの専門職員の育成をめざしています。

教育目標、受け入れ方針と養成する人材像

歴史学専攻の教育目標

  • 古文書を取り扱える専門家の育成
  • 世界史的な視野で時代をみつめることができる力の育成
天理大学歴史学専攻では、日本文化の発祥の地である大和に位置する本学の特質を活かして、日本の歴史を地域としては大和地方を、時代としては近世を見すえて、日本の近代化に果たした大和地方の役割を日本史、東洋史、西洋史からの視点を交え、総合的に教育研究します。さらに、それぞれの分野の専門的知識を修得させることによって、歴史に学びつつ、現代社会に貢献できる人材の育成をめざしています。

受け入れ方針と養成する人材像

 本専攻は、 
  • 歴史が大好きで、よく本を読み、じっくりと物を考えるタイプの人
  • 歴史学をしっかり学び、専門を活かせる職につきたいと願う人
  • 文化財の宝庫である奈良の地で、史蹟を尋ねながら是非学びたいと思う人
  • 日本の近世という時代や、同時代の世界史に関心のある人
を求め、4年間の教育をとおして、
  • 古文書の取り扱い能力を活かし、資料館などの専門職員として活躍できる人
  • 博物館学芸員の資格を取得し、文化財に関わる仕事を通して地域社会に貢献できる人
  • 専門を活かし、中学校・高等学校の社会科教員や図書館の司書として活躍できる人
  • 歴史に学びつつ現代社会に貢献できる人
に育てます。

歴史学専攻の関連ページ

このページの先頭へ