天理大学

歴史文化学科

考古学・民俗学専攻だより

2017.12.04

考古学・民俗学専攻の学生がボランティアガイドをつとめる

 11月25日、てくてくてんり実行委員会と三木スポーツ商会が実施する「ノルディックウォーキングdeピクニック ~れきし めぐる てんり~」で、本学の歴史文化学科の学生がボランティアガイドをつとめま…

記事の続きを読む

2017.10.06

初期シナゴーグ発見 天理大学を中心とする「テル・レヘシュ発掘調査団」が記者会見

 10月2日、天理大学を中心とする「テル・レヘシュ発掘調査団」(団長:桑原久男天理大学教授、副団長:長谷川修一立教大学准教授)が記者会見を行い、テル・レヘシュ遺跡第11次発掘調査の詳細内容を発表しまし…

記事の続きを読む

2017.09.11

ルツ・カハノフ駐日イスラエル大使が考古学専攻の教授らと懇談

  9月8日、ルツ・カハノフ駐日イスラエル国特命全権大使が本学を訪れ、イスラエルのテル・レへシュ遺跡発掘調査に携わっている歴史文化学科考古学・民俗学専攻の教授陣らと懇談を行いました。…

記事の続きを読む

2017.06.02

西の京高等学校地域創成コース3年生が来学

5月29日 奈良県立西の京高等学校地域創成コース3年生が天理大学を訪問した。キャンパス内の前方後方墳、西山古墳を見学したのち、附属天理参考館で館蔵考古資料を用いたワークショップ、および民俗資料の見学を…

記事の続きを読む

2017.05.10

第28回天理考古学・民俗学談話会、多数の卒業生や関係者が集まる

去る4月29日、新緑の杣之内キャンパスで開催された恒例の天理考古学・民俗学談話会は、多くの卒業生・在学生や関係者が集い、盛会のうちに終了した。 例年と同じく、日本のみならず、世界各地のさまざまな地域…

記事の続きを読む

2017.04.26

考古学・民俗学専攻、山の辺の道沿いのトレイルセンターに文化財紹介パネルを提供

天理市では、4月15日、「山の辺の道」を訪れる人たちの休憩施設、トレイルセンターが、内容を充実してリニューアルオープンした。  柳本町に所在する同施設には、飲食・休憩スペースのほか、天理市内の文…

記事の続きを読む

2017.03.14

第6回天理大学考古学・民俗学フォーラム「モノと図像から探る怪異・妖怪の東西in奈良」開催

  去る3月11日、天理大学2号棟24A教室にて開催された第6回天理大学考古学・民俗学フォーラム「モノと図像から探る怪異・妖怪の東西in奈良」が盛会のうちに終了した。フォーラムに先立ち、20…

記事の続きを読む

2017.01.27

明日香村を訪れる修学旅行生対象の歴史ツアーガイドを行う

飛鳥ニューツーリズム協議会からの依頼に応えて、本学生涯教育専攻、考古学・民俗学専攻、体育学科の12人の学生が、平成29年1月18日(水)福岡県篠栗町立篠栗北中学校、1月26日(木)福岡県宇美町立宇美東…

記事の続きを読む

2016.10.07

法隆寺国際高校生徒39名 考古学・民俗学専攻で民俗学実習を体験

 10月4日午後、法隆寺国際高校歴史文化科の2年生の生徒さん39名が、引率の池田先生・元根先生とともに天理大学を訪れ、民俗学実習の授業を受講した。まず、天理大学の学食で昼食。その後、考古学実習室で「民…

記事の続きを読む

2016.09.27

連続シンポジウム「グリーフケアの可能性③」天理大学にて開催

 3回にわたる連続シンポジウム「大切な人を失った悲しみを抱いて—グリーフケアの可能性」は、9月24日(土)、天理大学にて無事に幕を閉じた。オーストラリアからジャーナリストのヘレン・ブラウンさんをお招き…

記事の続きを読む

2016.09.01

民俗学実習、奈良県吉野郡下市町にて民具整理を行う

文学部考古学・民俗学専攻では、民俗学実習の一環として、8月28日から31日の日程で奈良県吉野郡下市町を訪れた。 下市町は、吉野地方の林業の集積地として、また箸や曲物、桶など木地物の産地として栄えた町…

記事の続きを読む

2016.06.21

第5回天理大学考古学・民俗学フォーラム「モノと図像から探る怪異・妖怪の東西」開催

 6月18日、第5回天理大学考古学・民俗学フォーラム「モノと図像から探る怪異・妖怪の東西」が東京天理ビル9階ホールにて開催された。会場は満席、参加者は次々と紹介されるモノや図像に熱心に見入った。…

記事の続きを読む

2016.05.02

西の京高校生徒39名 考古学・民俗学専攻にて古墳見学、天理参考館見学を体験

 4月25日、奈良県立西の京高等学校地域創生コース3年生39名が2名の先生方とともに、天理大学文学部考古学・民俗学専攻を訪問した。同校開講の「発展日本史」「民俗学入門」の一環として、キャンパスに隣接す…

記事の続きを読む

2016.03.22

ハンガリー・ブダペストにて日本文化の講義  考古学・民俗学専攻 安井眞奈美教授

3月7日より15日まで、文学部考古学・民俗学専攻の安井眞奈美教授が、ハンガリーの首都ブダペストにあるエトベシュ・ローランド大学に招聘され、日本文化に関する講義を行った。 当大学の創立は1635年…

記事の続きを読む

2016.03.08

第4回考古学・民俗学フォーラム「モノと図像から探る妖怪・怪獣の誕生 in 奈良」を開催

考古学・民俗学専攻では、2016年3月5日、第4回天理大学考古学・民俗学フォーラム「モノと図像から探る妖怪・怪獣の誕生 in 奈良」を開催した。   今回は真言律宗総本山・西大寺の興正殿…

記事の続きを読む

2016.03.08

岐阜県大野町で考古学実習を実施-大御堂城跡遺跡の発掘調査-

考古学・民俗学専攻では、2016年2月16日~22日、考古学実習3(集中)を、岐阜県大野町で行った。   今回の実習で調査したのは、同町公郷に所在する大御堂城跡(おおみどうじょうあと)で…

記事の続きを読む

2016.01.19

文学部 飯島吉晴教授 最終講義

 1月18日(月)3時限目に、文学部歴史文化学科考古学・民俗学専攻 飯島吉晴教授の最終講義が行われた。  講義では、「民俗学への道—われいかにして民俗学徒となりしか」と題して先生の生い立ちから、天理…

記事の続きを読む

2015.10.13

安井眞奈美教授、京都市立堀川高校にて講演

 10月8日、文学部考古学・民俗学専攻の安井眞奈美教授が、京都市立堀川高等学校コミュニティカレッジ講演会に招かれ、約250名の2年生に「妖怪と出産——怪異のイメージを追って」と題して講演した。講演では…

記事の続きを読む

2015.10.13

法隆寺国際高校生徒39名 考古学・民俗学専攻にて民俗学実習を体験

 10月6日、法隆寺国際高校歴史文化科2年1組の生徒さん39名、池田先生・前岡先生が天理大学を訪れ、民俗学実習の授業を受講された。天理大学の学食で昼食を採った後、安井眞奈美教授が創設者記念館・若江の家…

記事の続きを読む

2015.08.04

民俗学実習、「かむろシーサイドミュージアム」開設に協力

 8月4日から9日の日程で行われた民俗学実習では、前半は山口県下関市立豊北歴史民俗資料館にて漁具を中心とした民具整理を行い、後半は大島郡周防大島町沖家室島(おきかむろじま)にて「かむろシーサイドミュー…

記事の続きを読む

2015.06.20

妖怪・怪獣の誕生を大いに語る

 考古学・民俗学研究室では、去る6月20日に第3回フォーラム「モノと図像から探る妖怪・怪獣の誕生」を、東京天理ビル9階ホールにて開催した。  今回は、前回を上回る130人以上の参加があり、高校生から…

記事の続きを読む

2015.06.10

西の京高校生徒39名 考古学・民俗学専攻にて民俗学実習を体験

 6月10日、奈良県立西の京高等学校地域創生コース3年生39名が3名の先生方とともに、天理大学文学部考古学・民俗学専攻を訪れ、「民俗学実習」の授業を受講した。授業のテーマは「民具の整理・保存・活用」。…

記事の続きを読む

2015.05.24

桑原久男教授が「山の辺の文化遺産と歴史まちづくり」と題して講演

 5月24日、文学部考古学・民俗学専攻の桑原久男教授が、天理市文化センターにて開催された山の辺文化会議総会にて、記念講演を行った。 講演のタイトルは「山の辺の文化遺産と歴史まちづくり」。天理大学の所在…

記事の続きを読む

2015.05.17

第26回天理考古学・民俗学談話会を開催

 去る5月2日、ふるさと会館を会場に開催された年に一度の天理考古学・民俗学談話会。数えて26回目になりますが、盛会のうちに無事に終了しました。多くの卒業生・在学生や関係者が集い、研究や活動の…

記事の続きを読む

2015.05.15

安井眞奈美教授が韓国蔚山大学で講演

5月15日、文学部考古学・民俗学専攻の安井眞奈美教授が、韓国蔚山広域市蔚山大学校人文大学にて、日本文化について講演を行った。講演のタイトルは「出産と怪異——妖怪・うぶめを中心に」。日本語・日本学科の学…

記事の続きを読む

2015.03.30

考古学実習で岐阜県大野町の小衣斐村ノ内遺跡などを調査

考古学・民俗学専攻では、2014年度の考古学実習として、2月17日〜23日に岐阜県大野町で考古学調査を行った。今回行ったのは、小衣斐村ノ内遺跡の発掘調査と北山古墳のレーダ探査である。…

記事の続きを読む

2015.03.20

奈良町の元興寺禅室(国宝)で怪異の世界を満喫

3月14日(土)、第2回天理大学考古学・民俗学フォーラムを奈良町の元興寺禅室(国宝)で開催。当日は満席御礼の貼り紙が出る盛況で、100人余りの参加者は歴史的建物の雰囲気を味わいながら考古学・民俗学のコ…

記事の続きを読む

このページの先頭へ