天理大学

ヨーロッパ・アフリカ研究コース

教員・ゼミ紹介

3、4年次と同一のゼミに所属し、卒業論文の作成に備えます

田中寛一ゼミ (フランス系)

 3年次生のゼミでは、ヨーロッパ史に名を残した数名の女性についての資料講読と、学生による調査報告を積み重ねています。
 4年次生では、各自が選択したテーマに則して、資料収集と研究発表を行い、卒業論文の基盤を築きます。

山本伸二ゼミ (ドイツ系)

 3年次では、ヨーロッパの社会・文化歴史にかんするテクストを読みます。ヨーロッパへの理解を深めると同時に、レジュメの作成、発表の仕方、議論の方法などを学んでいきます。
 4年次では、卒業論文の作成が目標です。3年次で身につけた知識とスキルを土台に、みずからテーマを選び、2回の中間発表を経て、12月に提出します。

五十嵐徳子ゼミ (ロシア系)

 五十嵐ゼミでは、ヨーロッパの社会や文化について、関心のある国や地域から各自でテーマを決めて、できるだけ実像に触れながら、学んでいきます。
 4年生では、前年度の成果を踏まえて、卒業論文に結びつくようなものを作成していきます。

中祢勝美ゼミ (ドイツ系)

 3回生のゼミでは、多文化共生に関するテーマを設定し、文献を的確に要約する技術や、聞き手に伝わる発表やディスカッションの技術などを磨くほか、課外での実習も行います。
 4回生のゼミでは、前年度の成果を踏まえ、各自がテーマを決めて卒業論文の作成に取り組みます。

山本真司ゼミ (イギリス系)

 当ゼミでは、主にイギリスの文学・文化について各自でテーマを決め、資料収集・発表・討論・論文作成を行います。
 ゼミ生が取り上げる主題は、人気ファッションの文化社会学や英語と階級社会との関係を扱うものから、ハリー・ポッター研究、ロンドン五輪の経済効果検証、最新ダイエット論など、多岐に渡ります。

服部志帆ゼミ (アフリカ系)

 当ゼミでは、アフリカが抱えている諸問題だけなく、その魅力について知ることを目指しています。
 テーマはアフリカに関するものであれば何でも可。方法も臨機応変に決めてます。
 ゼミ生は スポーツとアフリカとの関係、ストリート音楽、多民族共生社会の論理などに関心を持っています。

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ