天理大学

アジア・オセアニア研究コース

魯ゼウォン(の・ぜうぉん)

研究分野・担当授業

専門は都市・地域社会学、韓国社会学です。現在の研究内容は、(1)移民社会の比較研究(在日と在米コリアン)、(2)地域社会の日韓比較(地域住民組織、まちづくり運動など)の2つです。グローバル時代における個人と社会のつながりを多文化共生の視点から多角的に検討しています。担当科目は「東アジア地域研究入門」「アジア地域文化概論」「アジア・オセアニア現代事情」です。

ゼミ紹介

魯ゼミでは、社会学をベースにして、韓国社会と日本社会についての基礎知識を学び、フィールド(現地)へ出かけて参与観察や社会調査のスキルを身につけて、最終的に卒業論文を完成していきます。韓国社会、在日、多文化共生、まちづくり、NPO、市民恊働、地域組織、国際交流、外国人労働者、福祉などに関心がある学生を求めます。魯ゼミのモットは明るく楽しく現場へ出かけて、ゼミの仲間たちと気軽に話し合えることです。好奇心旺盛で韓国大好きな学生を大歓迎します。

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ