天理大学

アジア・オセアニア研究コース

藤田明良(ふじた・あきよし)

研究分野・担当授業

研究分野は日本列島とアジア諸地域の海をつうじた交流の歴史で、近年は小さな島の歴史や漁民・船乗りの信仰に関心を持っています。授業は、本コースの「アジア・オセアニアと日本」と「アジア地域間交流史」のほか、国際観光プログラムの「世界遺産論」などを担当します。天理大学に赴任してから10年以上、留学生の授業を担当してきました。日本人学生との付き合いはまだ「初心者」です。

ゼミ紹介

アジア・オセアニアと日本列島の人々がどのように付き合ってきたのか。日本人はアジア・オセアニアの人たちからどのような眼差しで見られているのか。日本列島とアジア・オセアニアの交流・衝突や相互認識の歴史を勉強していきたいと考えています。3年生の演習では、各国の歴史教科書や、日本・韓国・中国の歴史研究者が共同執筆した近代史の本をテキストに進める予定です。

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ