天理大学

天理大学の国際交流について

タイ留学体験記

アジア学科 タイ語コース 釘田 実加子 (2008年3月卒業)

チェンマイ・ラーチャパット大学2006
  日本の授業では、多くの場合、日本人の先生が日本語で行いますが、タイの授業では、当然のことながら、先生は全員タイ人ですので、聞き取りがすごくできるようになりました。また、3週間の海外文化実習ではタイの表面しか分かりませんでしたが、1年間の留学生活を通してかなり深いところまでタイについて理解することができたと思います。
このページの先頭へ