天理大学

  1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 人間学部
  4. 人間学部 学部長から皆さんへ
人間学部

人間学部 学部長から皆さんへ

人間は、一人ひとり違う。だからその都度、私たちは答えを探していくのです。

人間学部 学部長 澤井 義次 教授
人間学部 学部長 澤井 義次 教授
もう10年近く前になるでしょうか。元文化庁長官で本学の教員でもあった臨床心理学者の河合隼雄先生と、高名な宗教学者である山折哲雄先生が、あるシンポジウムにおいて、わたしの司会のもと、討論されたことがありました。山折先生が「宗教家と臨床心理家、何が違うんでしょうね?」と問いかけられたところ、河合先生は「うーん、少し考えさせてください」と言われました。それから数年が経ちましたが、ついに明確なお答えを聞けることはありませんでした。いまにして思えば、「簡単に答えの出せないもの」であり、「分類できないほどの本質的な問題」だったのかもしれません。宗教、臨床心理、生涯教育、社会福祉…とアプローチは異なっても、すべては「まず悩みを聞くこと」から始まります。むしろ違いが出てくるのは「相手」によるのではないでしょうか。10人いれば10人分の答えがあるはずです。大変ではありますが、だからこそ可能性は広がります。また、学生一人ひとりの個性についても同様です。あなたなりの手法を見つけられたら、それでいい。幸い、私たちの学部は少人数。仲間のような関係のなかで、一緒に答えを探していきましょう。

澤井 義次 教授 プロフィール

天理大学で宗教学を学ぶ。ハーバード大学や、宗教の聖地のひとつ、インドへ留学するなど、長年にわたり「人間とは何か」や「宗教とは何か」を探究してきた。そんな経験から「自分の関心事を見つけた学生は、グッと伸びるんです。そのお手伝いをしたい」と語る。現在、宗教学科教授として天理教学と宗教学を教えるとともに、海外の大学の集中講義などにも招かれ、世界の学生と語り合っている。
このページの先頭へ