タイ語コースの研究活動

東南アジア研究特別講義 2005年度


第一回 2005年6月9日 

  「タイ舞踊に触れる」
昨年度にお招きしてご好評をいただいたナータリラー・タイカルチャーセンターの先生方によるタイ舞踊公演とワークショップが行われました。

  12:20〜12:50 タイ舞踊公演
            (天理大学南棟1階・学生ホール)
  13:00〜14:00 タイ舞踊ワークショップ
            (南棟2階・42C教室)
  講師:ナータリラー・タイカルチャーセンター
                   福田明子 先生
                   タッサニー・村木 先生
                   スタシニー・中村 先生
                   パニダー・濱中 先生

ページのトップへ

第二回 2005年10月7日 

  「タイ経済・社会の今」

末廣先生の天理大学での初めてのご講義では、@タイ語から見たタイ社会の理解の仕方(人間関係重視の社会)A工場の現場からみたタイ社会の変化(パイナップル工場、えび・ブロイラー工場、電子部品工場、最新の南タイのセメント工場)B最新のタイ社会:少子化高齢化社会・ストレス社会・IT社会に突入、と言った多岐にわたるトピックスが提供されました。

   13:00〜14:30
宮田敏之(東京外国語大学外国語学部・助教授)
  「なぜ、タイと日本のFTAで『コメ』は除外されたのか?:タイ産ジャスミン・ライスから見たタイの『コメ』事情」

   14:45〜17:00 末廣 昭(東京大学社会科学研究所・教授)
  「工場の現場からタイ社会を考える:人間関係の重視から管理・競争の社会へ」

   17:10〜17:30  総合討論

ページのトップへ

第三回 2005年12月8日 

  「タイ文化の諸相−芸能と宗教−」

今回は、天理大学日本学科の卒業生(2期生)で、大阪大学大学院生のウィッチャヤー・ウォラジンダさんをお招きし、東北タイのモーラム芸についての研究成果をご披露いただきました。

   13:00〜14:30
ウィッチャヤー・ウォラジンダ(大阪大学大学院言語文化研究科)
  「モーラム芸にみられる東北タイのラオ人の生活習慣」

   14:45〜16:15
  「バンコク都郊外住民の仏教信仰の諸相」

   16:15〜16:45  総合討論

ページのトップへ

東南アジア研究特別講義 2004年度


第一回 2004年6月7日 

  「タイ舞踊に触れる」
  12:15〜13:00 タイ舞踊公演
            (天理大学南棟1階・学生ホール)
  14:45〜16:15 タイ舞踊ワークショップ
            (南棟2階・32I教室)
  講師:ナータリラー・タイカルチャーセンター
                   福田明子 先生
                   タッサニー・村木 先生
                   スタシニー・中村 先生
                   パニダー・濱中 先生

ページのトップへ

第二回 2004年10月25日

  「東北タイの農業を考える」
星川圭介(人間文化研究機構・総合地球環境学研究所・研究員)
  「東北タイの自然・人・農業」

宮田敏之(天理大学国際文化学部アジア学科タイ語コース)
  「タイ産高級米ジャスミン・ライスと東北タイ」

ページのトップへ

第三回 2004年11月22日

  「東北タイの貝葉のデータベース開発」
飯島明子(天理大学国際文化学部アジア学科タイ語コース)
  「東北タイ・ヤソートーン県マハータート寺所蔵貝葉写本文献について」

ソンポン・チャルーンシリ(マハーサーラカーム大学・学術情報センター副所長)
  「東北タイの貝葉のデータベース開発」(タイ語で発表:日本語通訳付き)

ページのトップへ

第四回 2004年12月6日

  「タイ現代文学を考える」
吉岡みね子(天理大学国際文化学部アジア学科タイ語コース)
  「文学と政治: セーニー・サオワポンの世界」

平松秀樹(大阪大学大学院文学研究科比較文学専攻 博士後期課程)
  「タイ現代文学に見る女性の『解放』: セーニー・サオワポン『ワンラヤーの愛』を例として」

ページのトップへ

東南アジア研究特別講義 2003年度


第一回 2003年6月23日

伊藤友美(神戸大学)
  「現代タイ上座部仏教におけるビクニ復興運動」

野津幸治(天理大学国際文化学部アジア学科タイ語コース)
  「プッタタート比丘の思想」

ページのトップへ

第二回 2003年10月27日

馬場雄司(三重県立看護大学)
  「タイ・ルーの移住史と移住の記憶:文書・儀礼・歌」

飯島明子(天理大学国際文化学部アジア学科タイ語コース)
  「タム文字の話」

イサラー・ヤーナターン(名古屋大学大学院)
  「シップソーン・パンナータイ族におけるタイ・ルー文字の復活」

器楽演奏(馬場雄司:イサラー・ヤーナターン)

ページのトップへ

第三回 2004年1月19日

玉田芳史(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)
  「タイ国タックシン政権の課題と展望」

宮田敏之(天理大学国際文化学部アジア学科タイ語コース)
  「タイ産・高級米ジャスミン・ライス:タイ東北部から世界市場へ」


ページのトップへ