ついでにもう一枚。ちなみに右端が阪本先生こと筆者である。


戻る