カリキュラム


 ドイツ学科の専門教育科目を表にまとめてみました。4年間のカリキュラムは前半と後半に大きく分けられます。
 入学後、皆さんの時間割のなかで最大の比重を占めるのは、ドイツ語の基礎を学ぶ授業です。ドイツ学科では、 一人ひとりに目が行き届くよう、全体を2クラス(1クラス15名程度)に分割し、小人数教育を行なっています (表中の★印のついた授業)。文法・作文・会話・講読などバランスのとれた科目配分により、ドイツ語の「総合 的な運用能力」の習得を目指します。
 2年生ではドイツ語の授業に加え、ドイツ文化に関する科目、歴史や社会、語学や文学について概観をつかむため の授業が配置されています。これらを学んでこそ、 「文化実習」 でドイツにでかけた際に、培ったドイツ語力がいかんなく発揮されると考えるからです。
 3年生になると、文化実習での貴重な体験を踏まえ、専門的なテーマについて考察を深める演習科目(ゼミ)が授 業の中心になります。「生活文化」,「言語文化」,「歴史」,「社会」の4つのコースから1つまたは2つを選択 し、調査に基づく発表やディスカッションなど、より主体的に授業に参加していきます。そして4年生では、3年次 で履修したコースにおいて、4年間の学習の集大成として、 卒業論文 の作成に取り組むことになります。


 
>>>>> ドイツ学科の専門科目 <<<<<
学 年 必 修 / 選 択 必 修 科 目 選 択 科 目 4年間のながれ
1 年 ・ドイツ語1(文法・作文)A ★
・ドイツ語1(文法・作文)B ★
・ドイツ語1(発音・会話)A ★
・ドイツ語1(発音・会話)B ★
・ドイツ語1(講読)
・ドイツ生活文化論
  1年次は基礎段階。日本人及びドイツ人教員による小人数クラスでドイツ語の総合的な運用能力を着実に身につけます。
2 年 ・ドイツ語2(文法・作文)
・ドイツ語2(会話) ★
・ドイツ語2(講読)
・ドイツ語2(文学作品講読)
・ドイツ史またはドイツ社会論
ドイツ文化実習
・ドイツ語学概論
・ドイツ文学概論
2年次ではさらにドイツ語圏の文化、とくに歴史や社会について概観をつかんだうえで、いよいよ文化実習に臨みます。
3 年 ・ドイツ語3(作文) ★
・ドイツコミュニケーション論
・西ヨーロッパ政治経済論
・講読演習
 (「生活文化」,「歴史」,「言語文化」,「社会」の4つのコースから1つまたは2つ)
 
・ドイツ語3(文学作品講読)
・ドイツ語4(講読)
・ドイツ語5(表現法)
・ドイツ語6(商業ドイツ語)
・ドイツ社会思想
・ドイツ語教科教育法
・教義ドイツ語
3年次の中心は演習科目。1つないし2つのコースを選び、専門的なテーマについて学びます。 また、選択科目の幅も広がります。
4 年 ・課題演習
 (「講読演習」で履修したコースから1つ)
卒業論文
4年次では、演習科目をさらに1つに絞って理解を深めると同時に、4年間の集大成として卒業論文を作成します。



[学科紹介]  [オープンキャンパス]  [教員紹介]  [文化実習]  [交換留学制度]  [卒業論文]  [リンク]  [ホーム]