半田 美津子(4年次生)

 私が天理大学の英米語コースで学ぶ上で感じたのは、環境の良さです。総合的に英語を学べ、英語を学ぶには最適な場所であるのはもちろんのこと、周りの環境が勉強する際の大きな支えとなっています。
 英米語コースは少人数クラスであるからこそ、周りとの距離も近く、友人達と勉強面でお互いに助け合うことで、多くの刺激を受けていると感じます。そして、みんなが一生懸命に勉強に取り組み、目標に向かってがんばる姿は私の励みにもなります。また、英米語コースは先生方との距離も近く、これは、英米語コースで勉強する上で、非常に恵まれた環境であると感じています。先生方も私たちが勉強する上で、非常に多くの知識を与えてくださり、熱心に指導してくださるおかげで、英語の素晴らしさを感じる事ができました。そして、2年次で約1ヶ月カナダとアメリカに行った海外文化実習は、私にとって、今まで学んできた英語を試すことのできる貴重な場であり、実際に現地で学び、海外を見ることで、これから自分がどういう研究をしたいかということを発見することもできました。この海外で勉強できるという環境があったからこそ、今後の勉強に対する大きな動機づけができたと感じています。
 私は英米語コースの環境素晴らしい環境のおかげで、英語に対する新しい「世界観」を広げる事ができ、また、「世界」を身近に感じる事ができるようになりました。まさに、私にとって英米語コースは「世界」を意識させてくれる場所です。また、このような整った環境があるからこそ、自分から求めていきたいと思い、その大切さを学びました。英米語コースは求めていった分だけ、多くのものが得られる場であると考えています。