柴本みなみ(3年次生)

 私の天理大学での生活が早くも2年目を迎えました。大学生活の日々は、英語を身につけるための勉強を主にかなり早く時間が過ぎていきます。昔から私は英語が大好きで、とりあえずペラペラ話せるようになりたい、という単純な思いで英米を専攻しました。しかし、実際に天大での授業を受けていくうちに、英語という言語の歴史、英語圏の文化、人々の特徴といったような深い内容をきっちりと捉えていくことができ、英語に対する興味がまたさらに広がっていきました。特に、授業中での先生方のお話は、それぞれの先生方の豊富な実体験をもとに、時にはおもしろおかしく、また時には私たち学生に対してのさまざまなアドバイスを熱く語ってくれるので、いつも楽しんで聞くことができます。将来のためにも、とても勉強になります。
 英米語コースのクラス分けは、それぞれのレベルに合わせられており、自分にあった授業内容で仲間たちとともに楽しんで授業ができるので、安心して英語の力を伸ばしていくことができます。また、天大にはオフィスアワーという時間があり、先生方の研究室に入って気軽に先生とおしゃべりすることができ、相談事を聞いてもらったり、勉強などを個別で教えていただいたりすることもできます。また、自分がもっと英語を勉強したかったら、いつでもDVDやLISTENINGなどの教材も借りることができます。ここでは、自分からたくさん求めていけばいくほど、たくさんの先生と向き合えることができ、それとともに自分の英語力を大幅に上げるチャンスがごろごろと転がっています。
 私は、高校生の時から、大学中に絶対留学をしようと決めていました。天理大学では、さまざまな留学制度があり、自分の興味のある国に行って勉強できる機会がたくさんあります。ある先生に、私の将来の夢を語る機会がありました。そこで「一緒にがんばろう」と言われた一言を、私はずっと忘れません。このような環境で勉強できることをとてもありがたく感じています。