Cultural Seminar Abroad






 「海外文化実習」

 国際文化学部では2年次生の必須科目として、「海外文化実習」を実施しています。教員の引率指導のもとに研究対象としている文化圏を訪れ、生活しながら英語を学び、専攻する社会の文化を実体験することを目的としています。英国組はイギリスで、北米組はカナダとアメリカで約1ヶ月の研修を受けます。

英国文化実習

 英国の首都ロンドン中心部にあるLTCカレッジで4週間の英語研修を受けます。この間はホームステイでイギリスの家庭生活を体験し、国際感覚を養います。
 LTCカレッジは、オックスフォード・サーカス駅から徒歩1分のところ。授業は堅苦しくなく、とても楽しく、時にはみんなで近所のパブに出かけたり、ミュージアムに出かけたりします。
 語学授業と平行して、ロンドンの名門幼稚園ガワー・スクールでボランティア実習を行います。スタッフの一員として幼児教育に参加することで、社会教育的英語能力を高めます。週末には、コッツウォルズ、オックスフォードなどを訪れ、都会とは違う地方の文化をゆったりと味わいます。
 実習中の写真はこちら

 

北米文化実習

 カナダのリジャイナ大学で3週間の集中英語研修を実施します。この間ホームステイでカナダの家庭生活を体験します。
 研修中は、日本語厳禁!徐々に英語で話すという緊張が解け、自然に英語を話せるようになります。
 また、近郷の土地を訪れたり、慈善として生活困窮家庭に無料で食料を支給する施設フードバンクでボランティア活動をしたりして、カナダ社会の現実を体験します。
 研修後は、約1週間の日程でニューヨーク、フロリダなどの東海岸諸都市を訪れ、アメリカの歴史、文化を実地踏査します。

 実習中の写真はこちら



 この「海外文化実習」は、学生の語学学習と異文化、また将来の海外留学への強い動機付けと、3年次、4年次の研究テーマへと発展することをめざしています。