源野 千帆(4年次生)

こんにちは!2006年度、カナダのリジャイナ大学に交換留学で行かせてもらいました、英米語コース4回生の源野千帆です☆ここでは、リジャイナでの写真を紹介しながら、どんな生活を送っていたか簡単に紹介させてもらいたいと思います。リジャイナに留学してみたいなあ、行ってみたいなあと思って頂ければ幸いです(^^)

まず、リジャイナに着いて3日後(3月29日)に、ESL(語学学校)入学の際、クラスのレベル分けをするべく行われる、プレースメントテストを受けました。リジャイナのESLでは010,020,030,040,050とレベル分けされていて、050を修了すると、学部の授業を受ける資格が得られます。各セメスターは10週間ずつ、春夏秋冬と4つに分かれるクオーター制です。私は、春夏はESLで秋冬は学部に行きたいと思っていたので、ESLは040から始めたいと思っていましたが、テストではボロボロ。。030からのスタートになりました。しかし、まだESL半年で卒業の希望は断たれません。なぜなら、チャレンジテストという、飛び級試験(または追試)があったので、それを受け、無事030の後050に飛び級に成功することができ、半年でESLを修了することができたのでした☆ちなみにそのテストを受けるには60ドル(約6000円)払いました。。

ESLはとてもいい所です。1つに、英語をしっかり効果的に学べるという点。もう1つに、世界各国の友達ができるという点です。お互い母語が別の中、英語という共通語を使って交流していく、、、最初は苦労しましたが、慣れるとちゃんとコミュニケーションができるし、冗談も言い合える仲になれました☆お互いのことを理解しようと努力できたのがよかったと思います。その努力をせず、同じ国の人とばかり母国語で話していた人もいましたが、やはりそれでは留学で得ることは半分以下になってしまうでしょう。違う国の人と話すことによって、お互いの国についてより理解することができ、視野が広がり愛国心も芽生えるのだと思います。ESLではそれぞれの国の文化、伝統料理を紹介し、食べて回れるイベントもありますよ(^^)春学期だけですが。

語学面では、やはり日本にいるよりずっと効果的に英語を学ぶことができました。というのも、嫌でも英語が耳に入ってくるし、英語で喋らないといけないし、何か本か新聞などを読んでくる宿題もたくさんあるし、、、あとは現地の友達ともたくさん話したいし、テレビもちゃんと楽しみたいし(笑)とにかく言語習得には、その言語に「慣れる」こと。そして理解しようという姿勢、これしかないと思います。聞きまくる、しゃべりまくる、読みまくる、そして書きまくる!!そのうち嫌でも慣れます笑:D

学部では、基本的に何でも取りたい授業を取れるので、ゆっくり自分に興味あるものを選べました。1つ紹介すると、私は言葉が好きなので、スペイン語を秋、冬学期に取りました。英語で他の言語を習うって新鮮で楽しいし、またそこから新しい英単語や表現も知って良かったです☆まあ学部では淡々と授業を受けるだけなので、ESLの方が色んな意味で充実していたかな〜?と思います。とにかく英語を勉強し、クラスメートと話し、自分が大学生であることを忘れるので笑 ESLでは英語で社会問題なども勉強するので、またそれもためになっていいですよ(^^)

ホームステイも、英語でコミュニケーションができる大きな機会だと思います。現地の人と寝食を共にすることで、本当に家族のように仲良くなれるし、英語の生活に慣れるのには最高の環境です。どんどん学校であったことや日本のことなどを話していくと良いと思います☆

留学中は、学校以外では特にすることもバイトもないし、日本にいる時よりずっと時間にゆとりがあると思うので、その時間をどれだけ有効に使えるかがカギだと思います。私はESL卒業後は本当にゆっくり過ごしていました。テレビをたくさん見ていたので、おかげでリスニング力は留学前よりずっと伸びたと思います。あとDVDもたくさんあったので、英語の字幕をつけて同じものを何度も何度も見ていました。時にはシャドーイングをしたり。テレビがそのままリスニング教材になるんですから、面倒くさがりの私には本当に最高の環境でした笑 以上、なんだか個人的なことばかり、そして楽しそうなことばかり書きましたが、実際、勉強法は様々だし、留学中の半分以上は辛い思い出ばかりだったように思います。だからこそ、留学はいいのだと思います。楽しみに行こうと思って行くものではないと思います。慣れた土地、言語から離れて頑張ることに意味があり、それが自分の力となります。留学には、自分が成長するための努力をしたい!と思う人に行ってもらいたいなあと思います。そして、身につけた力、経験は誰かの為に、社会、そして世界の為に発揮してもらいたいですし、私もそうしたいと思っています。自分にも何かできるかな、、と1歩を踏み出す人を、心から応援したいと思います☆☆頑張ってください(^^)では、このへんで失礼します、読んでくださり、ありがとうございました!!