Studying abroad






 海外留学への道

 語学を学ぶ時、一度は夢見るのは海外留学でしょう。幸い天理大学では、世界15カ国20大学と学術文化交流を提携し、交換留学などの制度を確立しています。
 英語圏では、アメリカのインディアナ大学(インディアナ州)サギノバレー州立大学(ミシガン州)マレー州立大学(ケンタッキー州)、また、カナダのリジャイナ大学(サスカチュワン州)と交流提携を結んでいます。

 特に、リジャイナ大学とマレー州立大学へは、毎年それぞれ2名が本学からの交換留学生として1年間派遣されます。留学のための奨学金制度も設けられています。

リジャイナ大学はこんなところ(キャンパスの写真)
マレー州立大学はこんなところ(キャンパスの写真)


 また、私費留学で取得した単位が最大で30単位まで本学の取得単位として認定される「認定留学制度」もあります。平成15年度からセメスター制が導入されましたので、1〜12ヵ月の短期留学の道もあります。
 次はあなたが海外へ行く番です。英米語コースの経験豊富な教員が、比較的安上がりで質の高い英語教育を提供する英語圏の大学を、懇切丁寧に紹介し、留学手続きの世話取りにもあたります。

 さあ、英語圏の大学へ雄飛して英語のオーラルコミュニケーション能力を高め、あわせて現地の文化・民族・歴史に習熟して異文化理解を深めましょう。


わたしたちの留学体験談!
Chiho Genno(Senior)
 カナダのリジャイナ大学交換留学から帰ってきました。只今報告中! more