天理大学アジア学科中国語コース研究活動>『中国文化研究』




留学してきた学生の体験談: その1その2その3その4その5


私の北京留学生活

加藤 雪子
(北京師範大学・交換留学・2006.2-2007.2)

 3年次終了後から一年間の北京師範大学への交換留学は私にとって想像以上の成果と収穫がありました。入学時から中国語が喋れるようになりたいと思っていたものの、初めは努力もできていませんでした。しかし2回生の夏の文化実習で台湾の日本語を学ぶ学生との交流でその積極さと努力に刺激され、私も卒業のときには自信を持って大学で学んだことを言えるようになりたいと考えるようになり、帰国後、交換留学の希望を出しました。

 運よく交換留学の枠が頂け、いざ北京に行くと生の中国語に戸惑いました。2年半も学んだはずの中国語なのにネイティブのスピードについていけず、何をするにもまず言葉に苦労しました。しかし1、2ヵ月後には生活にも慣れ積極的に活動できるようになりました。バスやタクシーに乗り、行き先を伝えたり、買い物をする中でたくさんの人と喋ったり、食事をする店のおばさんと仲良くなったり、日本では気にもとめなかったことができるようになったときには、ただ嬉しく、行動範囲もどんどん広がりました。

 授業は各国からの留学生向けのものでしたが、もちろん中国語で進められます。初回の授業は宿題の範囲さえも聞き取れず、数人の生徒と一緒に授業後に聞きなおしに行きました。先生からは授業中の母国語禁止命令が出る中、同じ国のクラスメイトとも中国語で話さなくてはならず、初めはクラス全体が静かでしたが、徐々に会話も増え、とても楽しいものになりました。今思うと母語が禁止だったからこそではないかと思います。また各国の友達ができることにより、中国以外の文化や価値観に触れることができました。また反対に授業中や、食事会などの中で日本について質問されることも多く、伝統文化や、社会問題について中国語で説明する中で学ぶことも多くありました。これら日本ではなかなか体験することのできない経験は留学ならではのものだなと感じました。

 留学生活での思い出はたくさんありますが、中国各地をまわった旅行もそのうちの一つです。一年間で3回ほどある一週間の休みと夏休みを使い新疆ウイグル自治区や四川省、大連、ハルピン、雲南省などに行き、中国の広さ、多様さを肌で感じることができました。小さい日本ではない気候の違い、景色、多くの少数民族の文化などはとても新鮮でした。また旅行中に出会う多くの人からは普段聞かない言葉を習ったりもしました。

 1年間の留学で中国語の上達はもちろんのこと、多くの友達ができたことにより、世界に目が向き関心が持てるようになりました。また今まで当たり前すぎて考えることもなかった日本についても考えるようにもなりました。異なった環境で生活することで自らの適応能力や、積極性にも気づくことができたのも収穫のひとつです。今後、この経験から学んだことを十分に生かしていきたいと考えています。

ページのトップへ

私の留学生活

馬場 孝志
(中国文化大学・交換留学・2006.2-2007.2)

 私が考える留学とは、語学の勉強をするだけでなく、現地の風俗、習慣を学ぶところにあります。

 私は台湾の中国文化大学で1年間留学しました。上で述べたような留学に対する概念はごくごく一般的な見解ですが、私はこれを、身をもって実感することができました。

 なかでも特に印象に残っているのが、「ドラゴンボートレース」に参加したことです。台湾では毎年5月(旧暦)の端午の節句に全国各地で「龍舟比賽」(ロンジョウ・ビーサイ)と呼ばれるボートレース大会が行われます。船頭に竜の頭が取り付けられた全長10メートルほどの細長いボートに、それぞれオールをもった20人が乗り込み、一斉に舟をこいで、そのスピードを競います。

 20人全員の息がぴったり合わなければ、速く進むことはおろか、まっすぐ前に進むことさえままならない、チームワークが第一とされる大変難しい競技です。

 ですから私たちのチームも1ヶ月以上も前から練習を重ね、猛特訓しました。私のチームは学生だけでなく、会社員など職を持つ者もいたので、なかなかスケジュールが合わず、練習の時間をつくることが困難でした。

 そんなこともあり、レースの結果は案の定最下位でした。しかし練習では川のど真ん中で、全員で唄を歌ったり、スワンボートに乗って遊んでいる若いカップルを冷やかしてみたり、とても楽しかったです。練習後にはお酒を飲みに行くこともあり、台湾の酒を飲むときの作法など、机の上では学ぶことのできないたくさんの経験をすることができました。

 留学は普通の生活ではできないたくさんの貴重な体験をすることができます。ドラゴンボートレースは私の体験の中のほんの一例です。私も留学を通して、知識や考え方の幅がぐんと広がり、大きく成長することができたように思います。

ページのトップへ

僕の留学生活

全国角力錦標賽(全国レスリング選手権大会)60キロ級優勝!!

永田 豊治
(中国文化大学・交換留学・2007.2-2008.2)

 僕は、今年の2月から交換留学生として中国文化大学に留学しています。いまは台湾の生活にも慣れ、中国語も少しずつですが進歩していると実感しています。留学に来るまえは、天理大学で中国語を学んでいましたが、授業以外にも、中国や台湾からの留学生を相手に会話をしたり、また語劇やスピーチコンテストなどにも積極的に参加したりすることで中国語の勉強にもなりました。このように天理大学で2年半の学習があったおかげで、自信をもって台湾に留学することができました。僕は台湾に来てからすぐに文化大学のレスリング部に入部しました。

 僕はレスリングを高校から続けているのですが、台湾のレスリング事情にも興味があり、レスリング部の学生と交流することで中国語も上達し、より充実した留学生活になると思い入部しました。入部してすぐに、監督やレスリング部員はみな僕を歓迎してくれました。毎日一緒に練習し、中国語で会話をするので、僕はとてもいい環境にいると思います。また5月20日に台中で行われた“全國角力錦標賽”(全国レスリング選手権大会)という台湾の全国大会に60kg級で参加させてもらいました。そのトーナメントの試合で4回勝ち、優勝することができました。このような恵まれた環境を大事にして、これからも中国語とレスリングを両立していきたいと思います。

ページのトップへ

北京師範留学

齋藤 俊行
(北京師範大学・交換留学・2007.2-2008.2)

 私は今北京師範大学に留学しています。この大学は北京でも有名な大学の一つであるばかりでなく、宿題が多いということでも有名です。留学生数も大変多く、そのため留学生対抗のカラオケ大会、作文大会、留学生で行く格安旅行などいろいろと留学生のために設けられている行事も充実しています。私もこれらの活動にたびたび参加し、多くの留学生と交流しています。またこちらに来てよく思うのが、国費留学以外の学生で天理大学の交換留学生のような授業料、寮費免除という待遇を受けている学生は本当に少ないという事です。留学は中国と考えている方は、北京師範大学とはどういう場所なのか?一度調べてみてはいかがでしょうか?

 こちらに来て3ヶ月が過ぎましたが、大変いい感じで留学生活が送れていると思っています。留学生のカラオケ大会にも出場して、決勝進出しました。また終業式では、クラスの優秀学生として表彰されるなど思いもしない出来事ばかりです。ただ北京という中国の首都で、中国語が学べるというのは大変幸福なことです。周囲の人は普通話を話し、自分の憧れる中国の歴史がバスで数分の所にある。また世界各国の人と中国語を介して交流できる。留学というのは、ただ言語の能力を伸ばすだけではなく、自分を高められるいい機会だと思います。どんどん天理大学の留学制度を利用する事をお勧めします。

ページのトップへ

増田勇介
 (2007年)

旅に出て感じたこと





 私は昨年一年間大学を休学して、台湾とアメリカを自転車で旅しました。留学のように、直接、大学の勉学に結びつくということではありませんが、海外に出ることにより、いろいろな人達と出会い、そしてその土地の考え方や文化を、肌で感じることができました。

 台湾では、天理大学の卒業生や、ゼミの先生にもお世話になり、海外に出て初めて天理大学のネットワークの広さに驚いたと同時に、卒業生の方々が今なお、向上心を持って生活していることに、天大生として誇りに感じるとともに、自分もまだまだ頑張らないといけないと思いました。また、自分の専攻の中国語とは、全く違うアメリカに行った理由は、よりグローバルな視野を広げるためでした。中国とは違ったアメリカの文化に触れることにより、今まで見えなかった中国の良い点、または、悪い点に気づくことができました。そして、これまであまりにも、身近すぎて考えたことのなかった日本という国についても考えさせられ、実は日本が「めっちゃ好きなんだな」と実感しました。 旅では、砂漠で水がなくなり死にかけたり、パトカー三台に囲まれ尋問されたり、家に泊めていただいたり、ご飯をご馳走になったりと、ここでは書き尽くせないくらいに本当にたくさんの出来事がありました。良いことも悪いこともありましたが、普段の生活では経験することのできない貴重な体験をすることができ、そして、「休学で一年間卒業が遅れたとしても、やりたいことであるのならば、多少無理してもやり遂げるべきである。」ということを実感しました。


ページのトップへ