(専攻科目と学科共通科目の一部)

科目名 種別 単位 内   容
史学概論
(谷井陽子)
必修 歴史学という学問の理論、方法論その他について概論する。
考古学概論
(山本忠尚)
必修 考古学とはどのような学問であるか、基礎的かつ総合的知識を身につける
民俗学概論
(飯島吉晴)
必修 日本民俗学の学史、方法、対象などを解説するとともに、民俗学の各分野に関して概説し、民俗学とはどういう学問かを理解する。
大和文化研究
(置田雅昭・谷山正道)
必修 古代国家発祥の地であった大和(倭)の地勢の特色、歴史的背景を考古学の側面から講義する(置田)。「地域史研究」の視点と方法で、近世・近代の大和地域史に関する具体的な研究課題に取り組む。授業講義・発表形式併用(谷山)。
日本考古学通論
(置田雅昭)
必修 江戸時代の古物学、明治時代以降の近代考古学の導入、戦後の考古学、最新の考古学の成果を折り込み、日本列島にすんだ人々のくらしを講義する。
日本民俗学通論
(安井眞奈美)
必修 民俗学の成立と展開について、いくつかのトピックをもとに概観しつつ、現代社会の具的的な事象にも切り込んでいける民俗学の「現在学」としての可能性に迫る。
旧石器・縄文時代の研究
(泉拓良)
選必 先史考古学の典型として、旧石器・縄文時代の概説をおこなう。個々の研究をとりあげるよりも、時代の流れ、枠組みを理解する為の事例の提示に中心をおく。
弥生時代の研究
(桑原久男)
選必 日本列島において本格的な水稲農耕が開始され、大陸からの急速な技術・知識が伝来、著しい社会変革が発生した弥生時代について、考古学の立場から検討する。
古墳時代の研究
(置田雅昭)
選必 古墳時代の研究史を概観し、時期区分を中心に、年代論その他の項目について講義する。その他、古墳の実査をおこない、その時のニュースも題材にとりあげる。
歴史時代の研究
(山本忠尚)
選必 6世紀末以降に営まれた都宮、官衙、集落、寺院、条里などの変遷を遺構・遺物の両面から検討する。特に、律令制の成立前後およびその崩壊過程の変化に注目する。適宜、寺院、博物館の実地見学も行う。
民俗学特殊講義
(飯島吉晴)
選必 民俗学の特定の研究分野をテーマに、重要な論文や研究書を紹介し、研究の意義や問題点を指摘する。99年度は「通過儀礼」がテーマ。授業は講義形式とゼミ形式。
考古理化学
(金原正明)
選必 近年、考古学では自然科学の手法(年代測定、花粉分析、木材同定、種実同定、土器胎土分析など)により、新しい成果や知見が得られている。その基礎分野として、岩石鉱物学、堆積学、地質学、植物学、植生史学などの知識を学び、考古学への応用を考える。
比較民俗学
(飯島吉晴)
選必 日本の伝統的な行事や風習などを、日本国内の他地方の事例との比較をおこない、かつ周辺諸民族(とくに東アジア)の保持してきた民俗事象との比較を通して、広い視点から日本人の民俗文化を位置づける。
集落変遷の研究
(斉藤純)
選必 大和の垣内(かいと)など、我々に身近な集落の制度・慣行で、地域的な特徴があり、研究史上も注目されてきたテーマを取り上げ、主な報告・研究の検討を通して、その地域性や歴史について理解を深める。
文化財学
(山本忠尚)
選必 考古学、民俗学、建築史学、文献史学、美術史学などの共同研究として成立する、総合科学としての「文化財学」の意義を講ずる。将来、文化財行政に携わるばあいに備え、発掘調査の実務にも時間をさく。
生活文化史
(山本忠尚)
選必 古代から中世にかけて、衣食住、経済生活、精神生活がどのように発達、変遷したかを、遺跡・遺物の実例を通して理解する。また、民具や絵巻その他の民俗学的資料との比較研究をおこなう基本的方法を学ぶ。正倉院文書や和名抄、木簡などの取り扱いにも触れる。
金石学
(近江昌司)
選必 金属や岩石に文字を刻んだものを金石文といい、これを研究する学問を金石学という。18世紀に編まれた「古京遺文」をテキストにし、近年までの研究成果について述べる。
民俗考古学
(安井眞奈美)
選必 文化人類学(民族学)や民俗学の成果である民族誌・民俗誌の情報を、考古学資料の解釈に用いようとする立場であるEthnoarchaeology(民俗考古学・民族考古学)の理解に向けて、Ethnoarchaeologyを具体的に考察してゆく。
物質文化論
(桑原久男)
 
選必 人間の文化による所産のうち、物質的なかたちを伴ったものを物質文化という。世界各地の物質文化の多様性や統一性について、天理参考館の海外民族資料、日本民俗資料、考古美術資料を題材に考える。授業は講義、発表形式併用。
外書購読1
(エドワーズ・桑原久男)
選必
 英語文献の講読を通して、海外の専門文献に接するための基礎的トレーニングをおこなう。
外書購読2
(竹谷俊夫)
選必 朝鮮半島は、歴史を通して日本とさまざまな歴史的・文化的関係を有してきた。ハングルで表記された書物による学習・研究をおこなうために、原書講読を通して、朝鮮語に慣れ親しみ、専門書、論文等を読みこなす能力を身につけ、かつ朝鮮考古学の基礎を養う。
考古学・民俗学演習1
(山本忠尚・安井眞奈美)
必修 統一テーマ「考古学と民俗学の接点を探る」のもと、両分野にまたがる研究の基礎を身につける。各人が考古・民俗資料についての調査・研究を行ない発表する。その成果を小論文としてまとめ、卒業論文作成の予備段階とする。
考古学・民俗学演習2
(置田雅昭・飯島吉晴)
必修 天理大学の考古学専攻がめざしている考古学と民俗学の学際的研究分野の開拓の視点に立ち、演習1での指導をふまえて、卒業論文の作成に直接関連する指導をおこなう。
建築史
(堀内明博)
選択 日本建築の基礎的な概念を学習するだけでなく、実生活の経験をも生かしながら、歴史の過程の中における建築と社会の関わり方を考える。『日本建築史図集』などを参照し ながら、各時代の特徴を理解する。実際の建築や遺跡の見学も行い、体験する。
考古学実習
(日野宏・桑原久男)
選必 遺物の実測、写真撮影、遺跡の測量など、発掘調査および考古資料の調査法、記録法の基礎技術を習得する。期間内に実際に発掘調査に参加すること義務づける。
民俗学実習
(飯島吉晴・安井眞奈美)
選必 フィールド・ワークを行う上で必要な知識や民俗調査の歴史、調査方法などを学習した上で、特定の地域に全員でフィールドワークにでかける。その後、データのまとめ方、レポートの作成方法を学習しながら、各人に一年間の成果をまとめてもらう。
卒業論文(専攻主任、他) 必修

関連科目
日本美術史(山本忠尚) 関連 仏教伝来後、わが國で展開した仏教美術の諸相を、仏教彫刻、文教絵画、仏教工芸などの遺品を材料にして、飛鳥・白鳳・奈良・平安・鎌倉・濡炉町の各時代にわけて講義する。わが国の美術工芸の原点でもある正倉院宝物をも講義する。
東洋美術史
(難波純子)
関連 中国古代の文物をテーマにして、各時代の特徴的遺物をとりあげて、その特質や発達過程について考察し、同時に各時代の精神的・物質的な側面についても考える。
博物館学T
(斎藤純)
資格 「博物館法」「文化財」「博物館の構成」「学芸員」「収蔵庫」「資料」「展覧会」「広報」「情報提供」など様々なトピックをとりあげ、博物館の制度、歴史、施設、業務、課題などを概説する。
博物館学U
(斎藤純)
資格 博物館の主要業務である展覧会について、企画・立案、資料の借用・返却、図録の作成などの諸作業を、具体的に紹介する。同時に、展覧会資料の紹介を通じて、文化財や歴史に関する理解も深める。
博物館実習(置田雅昭・斎藤純・桑原久男) 資格 歴史系博物館の学芸員として、実際に役立つ諸種の技術の基本を実習する。