基礎科目として「考古学概論」「日本考古学通論」があります。前者で、考古学とはどのような学問であるか、基礎的かつ総合的な知識を身につけ、後者では、日本の考古学が発展してきた過程と、最新の考古学の成果を折り込みながら日本列島にすんだ人々のくらしを概説します。
  専門科目には、時代別に分けた「旧石器・縄文時代の研究」「弥生時代の研究」「古墳時代の研究」「歴史時代の研究」という縦割グループと、時代にとらわれない「文化財学」「生活文化史」「物質文化論」「金石学」の横断型、特殊な関連分野である「考古理化学」「建築史」、外国語を通して考古学を学ぶ「外書講読1・2」(英語・朝鮮語)があり、それぞれのグループから数科目を選択します。


 演習・実習科目としては、遺物の実測、写真撮影、遺跡の測量など、発掘調査および考古資料の調査法、記録法の基礎技術を習得する「考古学実習」と、「考古学・民俗学演習」があります。
 実習では期間内に発掘調査に参加することを義務づけ、演習では最大の目標である卒業論文作成に向けて、研究方法、文献や資料の収集法、論文の書き方、発表の仕方などを学びます。
考古学実習
考古学実習の製図作業
図書館前の測量実習(写真)  考古学専攻では、考古学と民俗学の学際的な研究をめざしており、「民俗考古学」「生活文化史」や「考古学・民俗学演習」はこの研究方向に沿って二つの学問分野の積極的な融合を試みています。そのために、以上の考古学科目のほかに、民俗学科目も合わせて履修します。なお、歴史文化学科共通科目として、「大和文化研究」「歴史学概論」「史学方法論」「日本美術史」「東洋美術史」などを開講しています。「大和文化研究」は天理大学ならではの授業科目といえます。 

測量実習のひとこま