天理大学

大学院臨床人間学研究科臨床心理学専攻

ディプロマポリシー

 公認心理師および臨床心理士としての活動に必要な知識や技能を実践的に修得し、各人がよりよく生きられることをめざして、心の問題に真摯にアプローチする人材を育成します。また、地域支援における多職種連携を実践する能力を身につけます。さらに、現代社会における心理社会的問題を把握し、自ら選んだ臨床心理学に関する課題を、臨床的に思考し修士論文としてまとめた人に修士(臨床心理)を授与します。
 
 

修士論文審査基準

 
  1. 研究科の修士論文に相応しい形式、文字数を満たしている。
  2. 先行研究を深く理解し、問題点を整理して述べている。
  3. 資料の探索と収集が充分に行われている。
  4. 資料の取り扱いとその分析が妥当になされている。
  5. 論理的かつ明確に検討がなされている。
  6. 独自の新しい結論が導き出されている。
  7. 研究者として、関連諸学会の倫理規定に違反していない。
このページの先頭へ