天理大学

  1. HOME
  2. 入試情報
  3. 入試情報詳細
  4. 一般選抜前期<基礎運動能力型・特技能力型>体育学部
入試情報詳細

一般選抜前期<基礎運動能力型・特技能力型>体育学部

対象学部

● 体育学部

募集人員

POINT
1.1日目と2日目の試験日自由選択制 ※1
2.他学部・他学科・他専攻ならびに他大学との併願可能。
3.基礎運動能力型合格者の成績優秀上位4名に4年間の授業料半額相当分の奨学金を給付
4.得意分野に応じて試験方式の選択が可能。 ※2
5.一度の受験で他学部との併願が可能 ※3


※1 どちらか希望の1日を選んで受験できるだけでなく、両日とも受験することも可能。
a. 両日とも同学科・専攻を志願した場合は、各日の得点のうち、高得点の日の点数により判定を行う。
b. 両日で異なる学科・専攻を志願した場合は、それぞれの学科・専攻で判定を行う。

※2 基礎運動能力型と特技能力型の2方式を別枠で募集(併願可)。
a.両日とも同一方式(型)を志願した場合は、各日の合計点のうち、高い日の点数を採用し、判定を行う。
b.両日で異なる方式(型)を志願した場合は、各日の合計点によりそれぞれの方式(型)で判定を行う。

※3 試験日自由選択制とは別に、人間学部または国際学部1学科・専攻を併願することが可能である。 ただし、実技試験を受験しなかった場合は、併願先の合否判定の対象にはならない。
また、特技能力型のみの出願者は外国語(英語)・国語の2科目を必ず受験しておかなければならない。
なお、基礎運動能力型と特技能力型の2方式を受験した場合は、外国語(英語)・国語2科目の合計点が高い日の点数を採用する。

日程

出願期間郵送出願 平成30年1月5日(金) ~ 1月24日(水) [消印有効]
持参出願 平成30年1月24日(水)・25日(木)・26日(金) [午前9時から午後5時まで]
試験日1日目 平成30年2月7日(水)
2日目 平成30年2月8日(木)
合格発表平成30年2月16日(金)
入学手続第1次 平成30年2月23日(金) [入学金]
第2次 平成30年3月15日(木) [春学期分納付金と入学手続書類][消印有効]

試験会場

本学会場

選抜方法<基礎運動能力型>

「外国語(英語)」「国語」に加えて「体育実技(基礎運動能力)」を行い、その総点により選抜する。
体育実技(基礎運動能力)は「9m往復走」「両足三回とび」「背筋力」の3種目が必須。
■外国語(コミュニケーション英語Ⅰ、コミュニケーション英語Ⅱ、英語表現Ⅰ)
■国語(国語総合<古文・漢文を除く>)

※科目試験はマークシート方式(記述式含む)とする。

選抜方法<特技能力型>

「外国語(英語)」「国語」の2教科2科目のうち、いずれか1科目と、「体育実技(特技能力)〈競技成績証明書の内容を含む〉」を行い、その合計点により選抜する。(「外国語(英語)」「国語」2科目とも受験した場合、得点の高い科目を採用する。)2教科2科目受験可。
体育実技(特技能力)は下記の16の実施種目の中から出願書類の「競技成績証明書」に記載した種目を選択する。

もし、自分の特技種目が実施種目の中にない場合には「その他」を選び、特技に関する面接を行う。
■外国語(コミュニケーション英語Ⅰ、コミュニケーション英語Ⅱ、英語表現Ⅰ)
■国語(国語総合<古文・漢文を除く>)

※科目試験はマークシート方式(記述式含む)とする。

体育実技実施種目

陸上競技/体操競技/水泳(競泳・飛込)/バレーボール/バスケットボール/サッカー/ラグビー/ホッケー/硬式野球/テニス/ソフトテニス/バドミントン/ダンス/柔道/剣道/空手道/その他(前記以外の種目)

出願資格

つぎの各号の一に該当する者。

(1) 高等学校もしくは中等教育学校を卒業した者および平成30年3月卒業見込みの者
(2) 通常の課程による12年の学校教育を修了した者および平成30年3月修了見込みの者
(3) 学校教育法施行規則第150条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者および平成30年3月までにこれに該当する見込みの者

なお、上記 (3) の同規則第150条第7号により出願を希望する者は、平成29年10月12日(木)〜11月10日(金)までの間に、それぞれ個別の入学資格審査の申請を行うものとする。

入学検定料・納付金

このページの先頭へ