天理大学

  1. HOME
  2. イベントカレンダー
  3. 第84回企画展「祈りの考古学—土偶・銅鐸・古墳時代のまつり—」
 【附属天理参考館】

第84回企画展「祈りの考古学—土偶・銅鐸・古墳時代のまつり—」

開催趣旨

考古学資料からみた古代人の祈りをテーマに、縄文時代の土偶や、弥生時代の銅鐸、古墳時代の滑石製模造品、木製祭祀具、巫女形埴輪などを中心に展示します。
縄文時代では土偶のほかに、男性の象徴である石棒、石冠や、まつりの場で装着したとみられる土面や亀形土製品、弥生時代では青銅製の武器形祭器、絵画土器なども展示します。
本展から古代の人々の祈りに思いをはせていただければ幸いです。

開催内容

◆会期:2019年7月3日(水)~9月9日(月)
◆会場:天理参考館3階企画展示室1・2
◆主催:天理大学附属天理参考館
◆入館料:大人400円、団体(20名以上)300円、小・中学生200円(学校教育での入館は無料・要事前申込み)

関連イベント

【関連イベント】※入館券が必要です

○記念講演会①
「銅鐸と土器の絵画に見る弥生時代のまつり」

日時:2019年7月6日(土) 午後1時30分から午後3時
講師:桑原 久男氏(天理大学文学部教授)
場所:当館研修室
定員:100名(当日先着順)

○記念講演会②
「縄文社会の秩序と体系」

日時:2019年9月7日(土) 午後1時30分から午後3時
講師:松田 真一(当館特別顧問)
場所:当館研修室
定員:100名(当日先着順)

○トーク・サンコーカン(公開講演会)
第271回「祈りの考古学—古代の玉作りと滑石製模造品のまつり—」

日時:2019年7月20日(土) 午後1時30分から午後3時
講師:日野 宏(当館学芸員)
場所:当館研修室
定員:100名(当日先着順)

○ギャラリートーク(展示解説)
日時:2019年7月25日(木)・8月26日(月)・9月4日(水) いずれも午後1時30分から
場所:当館3階企画展示室

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

教職員の新刊案内

シラバスを見る

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

附属おやさと研究所

学校法人天理大学

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ