天理大学

  1. HOME
  2. イベントカレンダー
  3. 特別講演会「ドイツ統一25周年の意義について」
 【創立90周年記念・国際学部・EU研究会】

特別講演会「ドイツ統一25周年の意義について」

一般参加可能 参加費無料 事前申込不要
 
講演者 大阪神戸ドイツ連邦共和国副総領事フロリアン・イエーガー氏

日時  5月27日(水)10時45分~12時15分

場所  天理大学9号棟(
ふるさと会館)
 
2015年は、ドイツ再統一から25周年の年にあたる。1989年11月のベルリンの壁崩壊から1年もたたない1990年10月3日に、東西ドイツは統一を実現した。この統一は、きわめて大きな意義を有するものであり、これも大きな契機となり東欧諸国の民主化が実現したといっても過言ではない。なぜ、民族分断国家を克服してドイツが統一できたのか、またドイツ統一がもたらしたものは何かを学ぶことは、アジアおよび世界での平和を志向する者にとって非常に意義があるであろう。

ヨーロッパでは、いま「反イスラム」「反移民」の声が高まっている。また、日本でもいわゆる「ヘイトスピーチ」が社会問題化している。このような情勢のもとで、ドイツはいかなる平和外交を進めていくのかもきわめて注目される動向である。

国際学部、とりわけ地域文化学科を有する本学にとって、このテーマは、アクチュアルなものであり、かつ意義あるものである。また、本学が国際化を目指しグローカルな視点から教育研究を進めていくうえで、本講演は学生・教職員にとって意義があるものである。

尚、本講演会は、国際学部地域文化学科科目「ヨーロッパ地域統合論」の一環としても行われる。

 
問い合わせ先   人間学部 浅川 千尋
電話 0743-63-7102   Mail, asakawa※sta.tenri-u.ac.jp
 ※はアットマークに置換してください。
    
国際学部 天理大学EU研究会 共催

関連リンク

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ