HOME 就活ノウハウ 卒業してからの就活FAQ
就活ノウハウ
卒業してからの就活FAQ
 
書類選考に関して
Q 「書類選考をする」とは書いていないのですが、
それでも判断材料になっていますか?
Q 基本的に、“書類選考がある”と考えた方が無難です!

どこまでを書類選考というかは、企業によって異なります。
なぜなら、“応募書類に対するスタンス”が企業によって違うから。
大きく分けると、次の2つのスタンスがあるのです。

 [A]
提出された書類(履歴書・職務経歴書・エントリーシート)を
吟味し、“ある程度人物を見極めてから会おう”というスタンス。
応募書類のできが合否に直結しています。

 [B]
応募した全員と面接をする、“とにかく会う”というスタンス。
ただし、面接を応募書類に基づいて進める企業や、面接の結果と
提出書類を合わせて総合的に判断する企業が多いのも事実です。

このように、ある程度求職者を書類で振り分ける
[A]のような企業はもちろん、[B]のような面接重視の
企業であっても、応募書類は合否を左右する重要な基準。

スタンスに違いがあっても、提出書類は重要な要素なのです。
そして「合否判断の材料とする場合」も含めると、
ほとんどの企業が書類選考を行っているといえるでしょう。

ですから応募書類を作成する際は、『書類で選考される』
くらいの気持ちで望んでほしいのです。具体的には・・・

 ・下手でも良いので、字は丁寧に書く。
 ・書類上であなたの“キャラクター”がつたわるように、
  具体的なエピソードを交えてアピールする。(自己PR)。
 ・志望動機は分かりやすく書く。

などがあげられます。がんばりましょう。
 
ページのTOPへ戻る
相談テーマに戻る